056564


ちょっと一言
Since November 13, 2000

最近荒らしが多く投稿が殆どないので閲覧専用にしました
[ホームに戻る] [使いかた] [ワード検索] [過去ログ] [管理用] [管理人宛メール:airman@ikeaviation.com]

千と千尋の神隠し 投稿者:あいく 投稿日:2006/06/06(Tue) 01:05 No.1654  

台北は不思議な街でした。まるで中国と日本とアメリカの30年前と今が同じ場所に集まったという感じでした。夜遅く小腹がすいたのでホテルの近くの食堂に行ったら、見たこと無いはずなのになんとも懐かしい気がしました。どこかで見たことがあると思ったら、「千と千尋の神隠し」というアニメ映画に出てくる奇妙な街にそっくりでした。軒下には赤い提灯が並び、通り沿いに食べ物が並べられ、麺をゆでる湯から湯気が立ち上る様は映画のワンシーンそのものです。この席に座っていつまでも食べていると「ビシッ!ビシッ!」とハエ叩きではたかれそうな気がしました。(実際のお店の人たちはみなとても親切でした)



ブレードランナー あいく - 2006/06/07(Wed) 00:34 No.1656  

という映画にでも出てきそうな景色です。台北は21世紀と20世紀が交錯している街でした。因みにこの写真は飛行機から撮ったのではなく、TAIPEI101という世界一高いビルの90階の展望室から見た景色です。



Re: 千と千尋の神隠し ねもと - 2006/12/26(Tue) 04:56 No.1750  

本当にブレードランナーですね。ちょうど、クリスマスなんでひまで、Director's CUT見ていたところです。あと、TOPGUNも、Collector's Editionは結構面白いですね。自分が年をとったのを実感します。


Re: 千と千尋の神隠し あいく - 2006/12/28(Thu) 01:51 No.1751  

上の店でハリソンフォードがうどんをすすってそうですよね。私もトップガン好きです。最初は映画として駄作だと思っていましたが(今でも)、舞台となったサンディエゴに住んでから見てみて、見慣れた景色がいっぱい出てきて、しかも飛行機ものということで後から好きになりました。


UNITED 93 投稿者:あいく 投稿日:2006/12/17(Sun) 15:07 No.1749  
先月アメリカへ出張した際に。日本では今年の夏に公開された「UNITED93」という映画のDVDを買ってきて、昨晩初めて見ました。内容は911のテロで唯一ハイジャックされながら目標まで辿り着かずに墜落した旅客機の離陸直前から墜落するまでの様子をドキュメンタリータッチで淡々と描いたものです。ハリウッドもののような派手な演出はなく、アメリカにもこういう映画があったんだと思わせるような、じつに飾り気のないリアルな雰囲気を醸していました。アメリカで飛行機を操縦したことのある人にとっては、いつも声だけしか聞こえない無線の向こう側のセンターやアプローチの様子が良く分かり興味深いものと思います。FAAとセンター、アプローチ、空軍の管制などがどのように連携しているのかが良く描かれていました。WTCが炎上するシーンはこの映画では一部分に過ぎず、UA93便の中で何が起きていたかを正確に描く事に主軸を置いた話になっています。墜落したという結末を知っていながらも、最後はなんとか操縦桿をうまく操作して機体の姿勢を立て直してほしい、あともう少しだ、頑張れ、と思わずにはいられませんでした。

テロ自体に関する話はここではしませんが、自分が乗り合わせていたらやはりテロリストを思いっきり張り飛ばしていたでしょうし、コックピットに乗り込んでテロリストから操縦桿を奪って自分の手で飛ばそうとしたでしょう。映画でも単発の免許しか持っていないパイロットが必死に操縦を試みようとしていました。結局誰も救われない話なので見終わった後は気持ちがとても落ち込みましたが、知りたかた事実を知ったような、きっと無念のうちに死んでいった人たちの気持ちを少しでも知ってあげた事で、少しは供養になっているのではないかと考える事にしました。

テロ発生当時私はサンディエゴに住んでおり、すでに自家用パイロットの免許を取得して時々セスナで飛んでいました。朝のニュースでWTCからもうもうと煙が上がり、2機目が突っ込んでいくシーンを目の当たりにし、現実とフィクションの境目がなくなってしまったショックを肌で感じていました。その後全米に全ての飛行機を着陸させる命令がでたが、まだ何機かが飛んだままで、そのなかにはハイジャックされているものが入いるかも知れないという報道も生で聞きました。そのときFAAやボストンセンターやニューヨークセンターがどういう状況だったのか知ることが出来ました。あれから数日間ずっとモンゴメリーフィールドのATISが「全ての飛行機は着陸していなければいけない」というアナウンスの繰り返しだった事を今でも鮮明に覚えています。


世界最速初体験 投稿者:あいく 投稿日:2006/11/17(Fri) 01:13 No.1742  

南京出張の帰り、上海のリニアモーターカーに乗ってきました。行きがけ、空港から上海に向かうタクシーの中で、ふと車窓を見ると一瞬で何かが通り過ぎてゆくのを見た。最初高速道路と並行に走るレールを見てモノレールかと思っていたが、見た瞬間そのあまりの速さにリニアモーターカーだとすぐにわかった。音もなく一瞬で通り過ぎていったという印象だった。こんなに高速で動く物体を肉眼で見たのは鈴鹿サーキットでホームストレートを走るF-1や8耐のレースマシン以来だった。見た瞬間「帰りはあれに乗ろう」と思い、現地の社員にわざわざリニアの駅まで送ってもらい無事乗る事ができた。写真は各車両についている電光掲示板。時間と速度が表示されている。この時の最高速度は時速431Kmだった。300キロを越えると風景はほんとうに飛ぶように流れていった。路線が短いので400キロを越える時間は短いけれど、それでも十分面白い体験だった。



Re: 世界最速初体験 facpi - 2006/11/29(Wed) 14:10 No.1743  

 私も年初の上海出張の折、一度だけ乗ってみました。そもそも、リニアがあるなんてその時初めて知りましたが、いつの間にできたんだろうって感じでした。
 周りはリニアとは似付かない田園風景の中、高速の真ん中にある軌道をぶっ飛ばしてましたが、さすがに速かったですね。お客さんが少なかったのか、車両に私一人だったのが印象に残っています。


Re: 世界最速初体験 あいく - 2006/12/01(Fri) 06:06 No.1744  

facpiさん、こんにちは。

私が乗車したときもすいてましたが、ひとつの車両に2〜3人は乗ってました。後で調べたら夏に小さな火災を起こしていたらしいです。また、ドイツでは同型の車両が事故を起こしていたと聞いてちょっと怖くなりました。でも、あのスピードはなかなか味わえないですね。


ダウンタウンLA 投稿者:あいく 投稿日:2006/11/10(Fri) 01:37 No.1741  

先月半ばの南カリフォルニア出張でLAXに到着する時に、LAのダウンタウンがよく見えたので写真を撮りました。高度が低いのかビルが高いのか、手を伸ばしたら届きそうな感じでした。



ハンガートーク 投稿者:facpi 投稿日:2006/11/01(Wed) 12:16 No.1739  
 今月19日ですが、飛行場に集まってハンガートークでもと考えているのですが、あいくさん宛のMLメールはどうも届いていないようです。
 私信みたいになって申し訳ありませんが、あいくさんのご都合はいかがでしょうか?


Re: ハンガートーク あいく - 2006/11/05(Sun) 10:54 No.1740  

facpiさん、ジャンクメール対策で暫くメアドを変更していました。すいません。ハンガートーク、いいですねぇ。日帰り可能なところであれば行きたいです。後ほどDMで連絡します。


ちょい復活 投稿者:あいく 投稿日:2006/10/21(Sat) 17:26 No.1717  

再びMYFゴールデンウィングスのメンバーシップを復活させました。ゴールデンウィングスはMYFのクラブでもインターネット化が遅れていたのですが、いつの間にか機体の予約はもちろん、メンバー登録、料金の支払いも全てネットで出来るようになっていました。で、早速久しぶりにアグアカリエンテまで飛んできました。

駐機場の周囲に無粋なフェンスが出来てましたが、ドアのコードを教えてもらったので、以前のように自由に出入りできるし車の横付けも可能です。支払いや予約のネット化が進んだ分むしろ以前よりとても便利になりました。

久しぶりにリンドバーグやノースアイランドにコンタクトしてクラスBを通り越しサンディエゴのダウンタウン見物し、アグアの帰りは西日がきつく視界が悪かったのでSoCALにコンタクトしてフライトフォロイングを受けました。コントローラーから「IFRか?」と聞かれたときは一瞬躊躇しましたが、もちろんカレントではないのでVFRで帰ってきました。それでもやっぱりあの早口SoCALと交信をしていると「飛んでるっ!」って気になります。



お久しぶりです わし - 2006/10/25(Wed) 12:58 No.1723  

あいくさん、お久しぶりです。わしです。すっごい久しぶりに来てみたんですけど、懐かしいですね。アグアカリエンテ行ったのを思い出します。ぼくも近いうちにまた飛びたいです。


Re: ちょい復活 あいく - 2006/10/25(Wed) 16:10 No.1725  

おぉーっ!ほんとに久しぶりです!元気ですか?まだ北の方にいるのでしょうか?私はすっかりサラリーマンにどっぷりの生活だったんですが、ここ最近海外出張が続いており、今回も実は出張だったので最初は飛ぶつもりはなかったんですが、一応免許とログブックだけ持参していたら急遽飛ぶ事になりました。道具を何も持っていいなかったのでGIBBSでヘッドセットをレンタルし、MARVでセクショナルとアルミ板とクリップだけのニーボードを買って飛びました。色々と面倒になったとはいえやっぱりアメリカは気楽に飛べて楽しいです。

帰国してはや3年、久しぶりのサンディエゴは色々と変わっていて逆浦島太郎になってしまいましたが、アグアカリエンテはわしさんと一緒にキャンプした時と変わらず時間が止まった世界でした。懐かしいですねー。


国内IFRフライト 投稿者:facpi 投稿日:2006/09/05(Tue) 11:38 No.1678  
 あいくさん、大変ご無沙汰しています。

 先月、お盆で九州へ帰省する際に、計器を持つ友人と初めて国内をIFRで飛んできました。と言っても、関東から南紀白浜までで、四国から阿蘇あたりまでは日本特有のCBだらけでしたので、VFRで雲を避けながら飛んでいました。塔状のCBから晴天域に稲妻が走っているのを初めて見ましたが、やっぱりCBは怖いですね…。

 国内のIFRも米国と基本的に飛び方は変わりません。当たり前ですよね。外国のエアラインも飛んでいるわけですから…。ただ、試験のプロシージャが細かく違っている感じなんでしょうね。

 あいくさんは書き換えは終わられましたか?よければ次回こちらにも遊びに来てください。これから視程も良くなってくるし、いい季節になりますよ。


Re: 国内IFRフライト Ike - 2006/09/05(Tue) 22:56 No.1679  

これはこれは、お久しぶりです、お元気ですか?私はまだ書き換え済ましていません。そろそろやろうかなと思っていたのですが仕事の忙しさにかまけてまったく進んでません。九州まで帰省フライトとは豪勢ですね、気をつけて楽しんでください。時間が出来たら遊びに行かせてもらいますのでその時は宜しくお願いします。


Re: 国内IFRフライト facpi - 2006/09/14(Thu) 15:04 No.1682  

 9/9は、丘珠(札幌)までのIFRフライトでした。茨城から札幌の南まで低い雲がオーバーキャストしていましたので、95%は雲上飛行でした。
 途中、花巻空港に給油と昼食のために降りましたが、久しぶりのActual Approach(Step Down DME ARC)で、雲を抜けて空港が見えたときはIFRの恩恵をひしひしと感じました。
 千歳に近づくと、ラインの機体が雲からポコッと飛び出してきては、我々の下を通過していました。やっぱり、日本でも欲しいですね計器飛行証明。あいくさんも一緒に挑戦しませんか?


Re: 国内IFRフライト あいく - 2006/09/18(Mon) 22:21 No.1691  

やりたいのはやまやまですが、なにせまだ書き換えすらしていませんし、FAAのIFRすらCurrentではない状態です。最近はもっぱら人の操縦する飛行機に乗ってます、と言っても旅客機ですが。米国へのフライトでは普通通路側を希望する人が多いですが、私はいつも窓側に席を取って窓からの景色を楽しんでます。雲の中へ入っていく瞬間や雲海の上を滑るように飛んでいる時の景色は何度見ても飽きません。それを軽飛行機で、しかも日本で経験できるなんてうらやましいですね。


着陸態勢 投稿者:あいく 投稿日:2006/09/12(Tue) 23:09 No.1681  

またもや出張でロスに来ています。LAXに着陸する際、隣に並んで着陸する飛行機が見えました。MD80でしょうか、スピードはこちらの747より大分速かったです。今日はLAXはかなり混んでいたようですからもしかするとタワーから急がされていたのかな?



中国進出! 投稿者:Ike 投稿日:2006/09/06(Wed) 02:48 No.1680  

初めて中国へ行って来ました。と言っても旅行ではなく出張ですが。写真は故宮の午門です。これをくぐると向こう側が故宮なのですが、この日は時間が遅かったので、目の前で門を閉められてしまいました。他にも見たい所が沢山あったのですが、出張だったので時間がなく殆ど見ることが出来ず、また行きたいという気持ちを膨らませて帰ってきました。

しかし中国は大きかった。とっても埃っぽくて不潔なところもありましたが、私の想像よりはるかに近代化されていました。私の頭には子供の頃に見た映像が固定観念として残っていて、広い道路を人民服を着た大勢の人々が自転車に乗って走っている景色を期待していたのですが、現実は車だらけのどこの国にもある都会の風景でした。しかし、北京で食べる北京ダックはやっぱり美味しかった!



Laguna Beach 投稿者:あいく 投稿日:2006/05/06(Sat) 23:15 No.1648  

出張でアーバインに滞在したので、久しぶりにラグナビーチに行ってきました。この景色を見るといつも長者ヶ崎から立石方面を見た景色に似ていると思うのですが、私だけでしょうか?といっても横須賀、葉山、逗子辺りに住んでいる人にしか分からない話ですが・・・。椰子の木やビーチの広さなど細かいところは違うのですが、家がへばりついたこんもりとした山の斜面がそのまま海に入っていって、水際にちょっとした岩と砂浜がある感じがなんとも似ている気がします。葉山の当たりも結構おしゃれな家が建っているので、サイズが違うだけで同じ景色を見ているような気になります。私だけ?



Re: Laguna Beach あいく - 2006/09/03(Sun) 03:42 No.1677  

8月にまたアーバインに出張で行って来ました。今度はビーチから夕暮れの風景を撮ってみました。



シンガポール 投稿者:あいく 投稿日:2006/09/03(Sun) 03:30 No.1675  

先週出張でシンガポールに行ったときに泊まったホテルの吹き抜けの写真です。シンガポールの街中には高所恐怖症の人にとって厳しい場所がほかにも沢山ありました。



マレーシア あいく - 2006/09/03(Sun) 03:37 No.1676  

こちらはお隣の国マレーシアのペナン島の旧市街の町並みです。イギリス植民地時代の雰囲気が少し残された風情のある町でした。



ジェットコースター 投稿者:あいく 投稿日:2006/08/17(Thu) 02:43 No.1674  
先日、富士Qハイランドに行ってFUJIYAMAというジェットコースターに乗ってきました。地上79メートルから一気に落ちる快感はたまりません。高速で右に左にバンクするのもサーキットのS字コーナーをバイクで走るのに似て気持ちよかったです。もっとGを感じるかと思いましたが、飛行機のアクロバットに比べたら全く無いに等しかったです。久しぶりに楽しかったです。が、現地に行く途中、中央高速八王子インターの手前で渋滞で3時間動けなくなり、ジェットコースターは4時間待ちで、合計7時間行列の中で過ごしました。お盆は駄目ですね。しかし、サラリーマンが家族と出かけるには混雑する時期しかなくてどうにもなりません。こういう経験をすると広々として何でも出来るアメリカの生活が恋しくなります。


seaplane 投稿者:kenichi 投稿日:2006/07/28(Fri) 05:19 No.1672  

あいくさん、こんにちは

久しぶりに大陸に行きまして、seaplaneの世界を少し味わってみました。緑と湖の多いWA州のシアトルです。初めて、スーパーカブを楽しんできました。水の上と地上は勝手が違ってとまどうことも多かったですが、テンポラリーを何とかもらってきました。
シアトルには、ボーイングの工場や大きな航空博物館があり、飛行機好きにはたまらない場所ですね。ボーイングの工場では787の量産のために工場内を工事していましたが、隣では777がフル稼働で生産されていましたし、社員家族だけを集めてのオープンハウスもやっていました。
シアトルの夏は、天気も良くて良いところです。また行きたいなあ・・・。



Re: seaplane あいく - 2006/07/29(Sat) 14:42 No.1673   HomePage

kenichiさん、こんにちは。seaplane、面白そうですね、私もいつかトライしてみたいと思ってます。夏のNW地域は緑が濃くてとてもいいですよね。私もまた行ってみたいです。しかし何故か私はシアトルに縁が無いようで、これまで3回ほど行きましたが全て通過してしまいました。今度行く時こそはボーイングの工場や博物館を見学したいです。


オプショナルツアー 投稿者:あいく 投稿日:2006/07/22(Sat) 15:50 No.1671   HomePage
アメリカの会社がISS(国際宇宙ステーション)滞在宇宙旅行のオプションとして宇宙遊泳を売り出したそうです。1時間半の宇宙遊泳で17億円!

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20060722i505.htm

金額はジャンボ宝くじの一等が何十回も当たらないと行けませんが、昔は夢でしかなかった宇宙旅行が実際に出来る時代になったんですね。

バージンギャラクティックのスペースシップワンでの数分の宇宙空間滞在に比べると、こっちは宇宙服を着て宇宙遊泳が出来て本格的な宇宙旅行です。早く一般にも手の届く金額にならないかなぁ・・・


セスナ172水上機 投稿者:あいく 投稿日:2006/07/09(Sun) 15:29 No.1670  

と、言ってもプラモデルの話です。先日とあるフリーマーケットの横を通り過ぎようとしたとき、うず高く積まれた色あせて古びたプラモデルの箱の山を見かけました。子供の頃に好きだった戦闘機や軍艦など、箱は日に焼けていて、おそらく捨てられる物を引き取ってきたのだろうという感じでした。懐かしい自衛隊仕様のF-104Jの箱を手に取り眺めていると、その下になんとセスナの箱がありました。日本に帰国したての頃、模型屋さんを見つけるとセスナのプラモデルを探しましたが、今まで見つける事が出来ませんでした。それが、こんなところで出会うなんて!私は直ぐにそのセスナのプラモデルを手に取りお金を払いました。昔の感覚で100円玉を1枚出すと「\200円です」と言われ、よく見ると箱には200円の値札が貼られてました。まぁ、おそらく30年以上前に100円だったんだから、200円でも仕方ないかと納得してそのまま買って帰りました。暫くは作らずにこのままで眺めていようかと思っています。

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

- Joyful Note -